経理のお悩み無料相談受付中!

0120-47-3533

受付:平日8:30~17:30(土日祝休み)

新着情報

2021.01.31
【コスト削減】突然の経理担当者の退職…実はチャンス?

アウトソーシングによるコスト削減

「ある日、突然ベテラン経理担当者から退職願を出されてしまった」

 

もし、そのようになったらどうしますか?

今までの経理業務がベテラン担当者にまかせっきりだった場合、

業務は属人的になっているため、新たに採用したとしても引継ぎが困難です。

 

そして仮に、後任が育ったとしてもすぐに退社してしまう場合、

無駄にコストがかかった上に慢性的に人手不足に陥ってしまいます。

 

そうなると経理業務が回らず大ピンチです。

 

しかし、このような時ほどコスト削減のチャンスです。

内部でできないなら外部委託、つまりアウトソーシングを検討してみましょう。

コスト削減なら雇用よりアウトソーシング

経理業務のアウトソーシングについて具体的にご説明していきます。

 

「そもそも何をアウトソーシングできるの?」と思われる方も多いかもしれませんが、

アウトソーシングができる経理業務には以下のようなものがあります。

・会計記帳
・給与計算
・振り込み
・請求書発行
・年末調整
・決算書の作成

もちろん、すべてを一括で依頼するのではなく、自社のニーズに合わせてスポットで委託することも可能です。

アウトソーシングを活用することによって生まれるメリットとしては、委託先がプロの専門家であることです。

経理業務といっても簿記や税法などの様々な知識が必要になるため、

専門家に頼むことにより、優秀な経理担当者を採用する必要がなくなります。

 

よく「専門家に委託すると高そうだし、雇った方が安く済みそう」という声をいただきます。

 

しかし、アウトソーシングの場合は、必要な作業の分だけ費用を払えばよいため、

社員を採用する場合と比較すると結果的に安くなるのが一般的です。

 

給与、福利厚生だけでなく、採用活動や引継ぎ業務のことも考えると、

自社で経理担当者を雇用して維持していくためのコストは非常に大きな金額になります。

 

したがって、経理業務はできる限りアウトソーシングに切り替え、

採用するのは専門知識がいらない事務員だけにするという選択が、コストカットにつながるのです。

 

まとめ

アウトソーシングによってコストを抑えることができるため、

経理担当者の退職予定があり採用に悩んでいる方は、

これをチャンスと捉えてアウトソーシングを選択肢に入れることをオススメします。

 

弊社では、経理改善の専門家が無料相談を行っております。

 

何をアウトソーシングすべきなのかをしっかり検証し、

ご提案させていただきますのでご興味がある方は「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

>>ご相談はコチラから
>>経理担当者が突然退職した方へ

貴社の経理・労務のお悩みを無料面談でお聞かせください!

0120-47-3533

受付:平日8:30~17:30(土日祝休み)

無料面談ご予約
経理業務サポートメニュー Support Menu
  • コストカット診断 無料でコストカットの診断!
  • クラウド導入支援サポート 効率化、コストカットなら必須!
  • 経理代行サポート 本業に専念するならコチラ!
  • 記帳代行サポート 月額11,000円から手間を削減!
  • 給与計算代行サポート 社員の入れ代わりにも対応!
  • 年末調整代行サポート 年末の忙しさを少しでも軽減!
  • 請求管理代行サポート 正確&スピーディに処理!
  • 支払管理代行サポート 銀行に行く必要無し!
  • 社員に経理を 任せられない方はコチラ!!
  • 親族の経理担当に不安を 感じている方はコチラ!!
  • 経理が辞めてしまった方はコチラ!!
  • 経理を改善・効率化 したい方はコチラ!!
会社情報about us
PAGETOP